Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Uber Eats 岐阜 11/25よりスタート!
最新版プロモーションコード一覧

2020年11月最新版のプロモーションコード一覧はこちら

詳細ページ

Uber Eats 応答率の確認方法

配達する
※2019年8月11日追記
今週あたりから配達パートナーアカウントのページに表示されていた応答率とキャンセル率の2項目が非公開になった模様です。
そのため8月11日現在、応答率を確認する方法は今のところ無さそうです。
今後の様子を見て何か変更がありましたら随時追記していきます。
※2019年8月22日追記
応答率及びキャンセル率を確認する方法が分かりましたので新たに掲載しています。

2019年8月から従来の応答率を確認する方法は使えなくなりましたが、現在はこちらの方法で確認することができます。

スポンサーリンク

新たな確認方法

新たな確認方法は「Uber Fleet(ウーバー フリート)」を利用する方法です。

Uber Fleet(ウーバー フリート)とは?

「Uber Fleet」は、本来は地区ごとの配達車両を管理するアプリのようです。

自らがその地区の配達車両を管理する立場となり、個々の配達パートナーを追加していき乗車成績やパートナーがリアルタイムにどこにいるのか等を確認できるアプリの模様。

感覚としてはコンビニのフランチャイズに近い感じでしょうか。
おそらくUber Eatsが本部、自身がエリアマネージャーとなりその地区で稼働する配達パートナーと提携し「Uber Fleet」を利用して管理するといった感じだと思いますが、日本ではサービス自体が始動していないので詳細については不明です。

その特性上、配達パートナーのパフォーマンスを数値として確認ができるのですが、そこから自身の応答率やキャンセル率を確認することができました。

2019年8月時点でアプリはAndroidのみ開発されています。

また、アプリだけでなくブラウザの配達パートナーアカウントページにも専用のページが用意されています。

そのため当記事ではiPhone、Androidの両方から確認ができるブラウザの確認方法を先に紹介します。

ブラウザで確認する

最初に以下の配達パートナー専用ページへアクセスします。(ログインは済ませた状態にしておいてください。)

公式 https://partners.uber.com/p3/fleet-manager/

現在地情報の使用許可を求められるので許可します。

※ページが英語表記になっている場合は左上の三本線をタップし「Language」から「日本語」を選択してください。

最初に訪れるとアンケートの入力を求められます、設問内容が難しかったので僕は途中で答えるのを中止しました。
「あと3回」と残り回数が出ているのでその後どうなるかはまだ分からないです。

(追記)
自分の環境に近い回答をタップしていたらいつの間にか出なくなっていました。
あまりこのアンケートは重要じゃないと思います。

上部メニュー「パフォーマンス」をタップします。

初期設定では1日のみの計測になっていたので、①「時間」をタップして②「毎週」に変更しました。

パフォーマンスを計測したい週をタップします。

ページを下部に進めるとその週の「正味の料金」「乗車」「評価」のパフォーマンスを一覧で確認することができます。
一覧「評価」の明細から「応答率」及び「キャンセル率」を確認することができました。

以前の方法では確認することができなかった1回あたりの「平均単価」や1時間あたりの「平均乗車回数」なども把握することができます。

続いてアプリからの確認方法です。

アプリで確認する

最初に「Uber Fleet」アプリをインストールし起動します。

Android Uber Fleet

位置情報のアクセス許可を求められますので許可します。

いくつかの説明のあとにログインを求められるのでログインを済ませます。

下部メニュー「パフォーマンス」をタップします。

パフォーマンスを計測したい週に移動させます。

ページを下部に進めると「正味の料金」「乗車」「評価」のパフォーマンスを一覧で確認することができます。
一覧「評価」の明細から「応答率」及び「キャンセル率」を確認することができました。

管理人
管理人

どちらかというとアプリの方が使いやすい印象でした

ここから先は以前掲載していた記事となります。

以前の記事

先日雨の日にUber Eats(ウーバーイーツ)をやったら応答率が大幅に下がったという記事を書きました。

そのことに関して「応答率ってどうやって見るの?」というお問い合わせがありましたので、今回は応答率の見方について解説します。

最初に答えを書いておきますが、ブラウザから配達パートナーページにログインすればすぐに確認することができます。

確認方法

まずブラウザから配達パートナー専用ページへログインを行います。

公式 https://partners.uber.com/

ログインが完了したら最初のページに「応答率」と表示があります。

こんな感じで表示がされています。

管理人
管理人

ちなみに雨の日の前までは70%以上ありました…(言い訳)

応答率が下がったらどうなるの?

では、応答率が下がると何かペナルティなどがあるのでしょうか?

Uber Eats公式サイトには、東京パートナー向け情報として、応答率が一定以上だと『Uber Driver』アプリをオンラインにしている時間分の最低料金が保証される「オンライン時間インセンティブ」というものが適用されると記述がありました。(現在は削除済み)

公式 https://www.uber.com/jp/ja/drive/tokyo/resources/incentive-conditions/

しかし、現在東京でもこの最低料金が保証される「オンライン時間インセンティブ」はほとんどつくことがないようです。

その他にも、応答率が一定以上だと1日に○回配達したらプラスで追加のお金がもらえる「回数インセンティブ(クエスト)」が発生しやすいなどの情報がありますが、真偽の程は定かではありません。

現時点ではこの応答率がどのような評価に影響されているかは分かりませんでした。

また、応答率は週ごとにリセットされるようです。

そのため個人的にはあまり応答率や評価のことは気にせずに配達に専念していればいいかなと思っています。

追記:応答率が低い場合の影響が明記されました

※2019年4月22日追記
管理人がこの記事を書いた時点及び配達パートナー登録の際パートナーセンターで説明を受けた時点では、特段ペナルティについて言及されていませんでしたが、本日確認したところ公式サイトに「応答率が低い場合配達パートナーの皆様にはアカウントを停止する場合もございます」と明記されておりました。
今後はなるべく配達リクエストに応じるべきという方針になっていくのかもしれません。

まとめ

今回はこれだけです。

その他にもなにか疑問に思ったことがあったらお問い合わせページよりご質問ください。

まだまだUber Eats初心者の僕ですが、答えられるものであればお答えしたいと思います。

コメント

  1. uberドライバー より:

    スマートフォンからでも、ブラウザから配達パートナーページにログインしたら応答率を見ることができました。
    ※スマホアプリからは確認できませんでした。

タイトルとURLをコピーしました