Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【先着6万人限定】全メニュー1,000円オフ!
最新版プロモーションコード一覧

2020年9月最新版のプロモーションコード一覧はこちら

詳細ページ

Uber Eats 配達パートナーをやってみて最初に感じたこと

体験記
2020年3月30日(月)より、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの本登録業務を行うパートナーセンターは全箇所一時営業休止となっています。
配達パートナー登録希望の方はご注意ください。
公式 https://uber.com/jp/ja/drive/contact/
センターの営業再開が確認でき次第、当サイトでもお知らせします。
(2020年9月更新)
最新版 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法をまとめました。パートナーセンターに行く必要のない、オンライン上で全て完結する登録方法となります。
ページ https://warashibe.org/4057

今月からUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始めてみたのですが、初心者の僕がやってみて感じたことを書いていきます。

本当に初期のころに感じたことは以下の4点です。

  • スマートフォン用ホルダーは必須
  • モバイルバッテリーもあったほうがいい
  • 悪天候の日は対策が必要
  • 何かトラブルがあったらまずはサポートセンターに電話を

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

スマートフォン用ホルダーは必須

まず感じたことは「スマートフォン用ホルダーは必須」です。
たぶんUber Eatsの配達パートナーをやってみると真っ先に感じると思います。
地図を見るだけでなく、配達リクエスト応答や店舗詳細の確認・注文者とのやり取りなど、ほぼ全ての作業をスマートフォン経由で行うためなにかしら固定できるものがないと仕事にならないと感じました。

配達パートナーさんによって様々ですが、自転車に固定するタイプを使用する人が圧倒的に多い印象です。

次点で腕に固定するタイプ、まれに首に掛けるタイプ、といった感じです。

僕は初回のUber Eatsの配達から帰って速攻で購入しました。

現在はこちらの商品を使用しています。

とにかく配達パートナーをやる際には「スマートフォンホルダー、一家に一台!」ぐらいの勢いで必要性を感じると思います。

歩行者や車を運転する人のためにも、購入することをオススメします。

モバイルバッテリーもあったほうがいい

配達専用アプリ「Uber Driver」は結構バッテリーを消費します。

僕は5000mAhの比較的大容量バッテリーを搭載したスマートフォンを使用しているのですが、アプリを起動した状態で6時間前後で満充電から30%程度になっています。(時間帯によっても変動あり)

そのため1日稼働する時は、

  • 9:00~15:00:満充電から30%前後
  • 15:00~17:00:充電(70~80%に回復)
  • 17:00~0:00:後半戦に臨む

といったスケジュール感で動いています。

もし配達中に充電が切れてしまったら、注文者にお届けすることもサポートセンターに連絡することもできない…といった最悪の結末を迎えてしまうことになるので、万が一のことを考えて大容量モバイルバッテリーは常備しておいたほうがいいと思います。

僕はこちらのモバイルバッテリーを使用しています。

悪天候の日は対策が必要

悪天候の日は普段と装備品がガラリと変わります。

しっかりと対策をしないと割と簡単にスマートフォンやワイヤレスイヤホンは壊れます。(本当に割と簡単に壊れます。)

そうすると、結局コストがかかってしまい何のために配達をしていたか分からなくなってしまいます。

そのため始めたてのころの悪天候の配達はあまりオススメしません。

悪天候の日のオススメ装備品についても、記事を書きしだい当記事に追記します。

何かトラブルが起きたらまずはサポートセンターに電話を

配達中に何かトラブルが起きた時は、なにはともあれまずはサポートセンターに連絡をするのが吉です。

サポートセンターとは、配達パートナー専用の緊急連絡先となります。
例えば「配達中に料理がこぼれてしまい注文者に渡せなくなった!」といった時に利用します。
本登録時に利用するパートナーセンターと混同しがちですが、意味合いが異なりますのでご注意ください。

僕が最初に経験した配達トラブルは「実際の注文より商品が少ない」でした。
お店の方が入れ忘れをしてしまい僕も気づかなかったので、配達先で指摘をされました。

トラブルに遭遇した僕はテンパってしまい、最初お店の電話番号を調べて直接お店に電話をしてしまいました。

しかし、こういう時はまずサポートセンターに電話した方が良いです。
なぜならUber Eatsのシステム経由でないと最終的な解決策を出すことは難しいからです。
お店に電話して再配達ということになっても、アプリの記録上には残らないですよね。

その後改めてサポートセンターと連絡を取り、入れ忘れた商品を別の配達パートナーが再配達をするということで決着がつきましたが、僕の行動で若干連絡に行き違いが発生してしまいました。

配達中は

  • 料理をこぼしてしまう
  • 交通事故に遭ってしまう
  • 実際の注文より商品が少ない

など様々なトラブルが想定されますが、困った時はまずサポートセンターに連絡することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました