Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【1/31まで】Uber Eats チーズキャンペーン開催!人気のチーズ料理が最大50%オフ
最新プロモーションコード掲載中

2020年1月最新版のUber Eats クーポン & キャンペーン一覧はこちら

詳細ページ

Uber Eatsの配達に使える車両について

配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に利用できる車両は、大別すると3種類に分けることができます。

  1. 自転車(レンタル自転車も可)
  2. 原付バイク(125cc以下)
  3. 軽自動車またはバイク(125cc超)

今回は、この3種類の車両について詳しくみていきましょう。
併せて配達パートナーのアカウントを作成する際に必要な書類についてもそれぞれ解説していきます。

スポンサーリンク

自転車(レンタル自転車も可)

現状圧倒的に多いのがこの自転車を選択される方だと思います。

自転車の場合、特定の自転車を登録する必要がないためレンタル自転車で配達を行ったり自転車をあとから買い換えることも可能です。

都市部に居住をしていない方でもレンタサイクル屋さんで自転車を借りて配達を稼働するといった働き方ができちゃいます。

登録に必要な書類は?

自転車の場合は以下の身分証明書のうち1点があれば登録が可能です。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 小型船舶操縦免許証

上記5点のうち1点の身分証明書の、有効期限内おもて面の写真をアップロードします。

個人的には運転免許証が一番無難かなと思います。

学生の方限定

学生の方限定で、自転車の場合は以下の書類も身分証明書として有効となります。

  • 所属学校の学生証+健康保険証

この2つの書類が同じ画像に収まるような写真を撮り、アップロードをしてください。

スポンサーリンク

原付バイク(125cc以下)

原付バイクとは、「125cc以下の原動機付自転車」のことを指します。

登録に必要な書類は?

以下の3点が必要となります。

  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書
  • ナンバープレートの写真

運転免許証

身分証明書として使えるものは運転免許証のみです。

有効期限内おもて面の写真をアップロードします。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書

本人氏名で登録をした自賠責保険の証明書が必要となります。

ナンバープレートの情報が自賠責保険の証明書上に記載されていない場合は、「標識交付証明書」と「自賠責保険の証明書」を横並びにし、1枚の写真としてアップロードする必要があります。

ナンバープレートの写真

自賠責保険に登録しているナンバープレートの写真をアップロードします。

スポンサーリンク

軽自動車またはバイク(125cc超)

軽自動車またはバイクとは、「125cc超えのバイク、もしくは軽自動車」のことを指します。

この車両で配達を行う場合は、事業用ナンバープレートの登録がされている必要があります。

白色のナンバープレート、つまり自家用車での配達を行うことはできませんのでご注意下さい。

登録に必要な書類が多くハードルが高いため、このタイプで登録している方はあまり見かけない気がします。

登録に必要な書類は?

以下の5点が必要となります。

  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書
  • ナンバープレートの写真
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 任意保険または共済保険の証明書

運転免許証

身分証明書として使えるものは運転免許証のみです。

有効期限内おもて面の写真をアップロードします。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書

本人氏名で登録をした自賠責保険の証明書が必要となります。

ナンバープレートの情報が自賠責保険の証明書上に記載されていない場合は、「標識交付証明書」と「自賠責保険の証明書」を横並びにし、1枚の写真としてアップロードする必要があります。

ナンバープレートの写真

以下の事業用ナンバープレートを取得している必要があります。

  • 軽自動車:黒地に黄文字のナンバープレート(黒ナンバー)
  • バイク(125cc超):緑地に白文字のナンバープレート(緑ナンバー)

上記の事業用ナンバープレートの写真をアップロードします。

改めていいますが白色ナンバープレートは不可です。

自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証

いずれか当てはまる方の書類が必要です。

  • 軽自動車または250cc超のバイク:自動車検査証
  • 125cc超250cc以下のバイク:軽自動車届出済証

任意保険または共済保険の証明書

ナンバープレートの情報が証明書上に記載されていない場合は、保険会社に追記を依頼します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現実的な問題で管理人は資金が全く無かったため、自転車を選択しました。

なかには原付きバイクで稼働している配達パートナーさんも結構見かけます。

車両についてはご自分の状況に合わせて選択していただければと思います。

僕もいつかはロードバイクなどで颯爽と配達に出かけたいな、それまではママチャリでがんばります!

タイトルとURLをコピーしました