Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【先着6万人限定】全メニュー1,000円オフ!
最新版プロモーションコード一覧

2020年9月最新版のプロモーションコード一覧はこちら

詳細ページ

Uber Eats ブーストが適用されないエラーの修正方法

配達する
2020年3月30日(月)より、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの本登録業務を行うパートナーセンターは全箇所一時営業休止となっています。
配達パートナー登録希望の方はご注意ください。
公式 https://uber.com/jp/ja/drive/contact/
センターの営業再開が確認でき次第、当サイトでもお知らせします。
(2020年9月更新)
最新版 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法をまとめました。パートナーセンターに行く必要のない、オンライン上で全て完結する登録方法となります。
ページ https://warashibe.org/4057

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーをしていると、たまにアプリの不具合でブーストが適用されない場合があります。

今回はそのエラーの修正方法について書いています。

具体的には、アプリのヘルプから問い合わせを行います。

これ、修正を行わないと少ない金額のまま過ぎていってしまいます。

そのため、配達パートナーをやっていて「ブーストが適用されていないんじゃないか」と疑問に思ったことがある方は一度確認をすることをオススメします。

※2020年5月追記
2019年12月12日(木)に国内全てのエリアで「ピーク料金」制度が導入されて以降、管理人の環境では「ブースト」自体が徐々に発生しなくなり、今では1日を通してもブーストはほぼ発生しなくなりました。
※再追記
2020年7月頃から管理人の環境では「ブースト」が復活しました。

「インセンティブ?ブースト?ピーク?違いがよく分からないぞ。」という方は、以下の記事で配達報酬の仕組みを解説していますのでよかったら参考にしてください。

この記事では「ブーストが発生していることを前提として、本来適用されるはずのブーストが適用されていなかった場合の訂正方法」を記載しています。

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

修正方法

まずはアプリを起動し赤枠の金額部分をタップします。

タップしたら、「最後の配達」画面を表示させて赤枠「すべての乗車を見る」をタップします。

下の赤枠部分に注目してください。なぜかこの1件だけブーストが適用されていません。
ブーストが適用されていない部分をタップし詳細を確認します。

乗車の詳細が表示されます。やはりブーストが適用されていないようです。
修正を行うため、右上赤枠の「ヘルプ」ボタンをタップします。

次に「配車について」をタップします。

「配達料金の問題」をタップします。

「ブーストの支払いに誤りがある」をタップします。

それぞれの項目に詳細を記入します。管理人は以下の通り記入しました。
(想定ブースト金額は時間帯や曜日によって変わります。管理人は実際の金額が分からなかったので当時のブースト倍率を記入しておきました。)

全ての項目に記入が完了したら「送信」ボタンをタップします。以上で完了です!

問い合わせ完了後

アプリで問い合わせを行った当日中にUber Eatsよりメールで返信がありました。

無事に修正が行われたようです。よかった。

まとめ

当時「なんでブーストが適用されていないんだろう、おかしいなー?」と思いつつそのまま過ごしていたのですが、今回この方法で無事に修正ができることを確認しました。

アプリ側で自動的に修正をしていただけると助かるのですが、現状そのような仕様にはなっておりませんので、一度乗車履歴を確認してみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました