Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【先着6万人限定】全メニュー1,000円オフ!
最新版プロモーションコード一覧

2020年9月最新版のプロモーションコード一覧はこちら

詳細ページ

雨の日の配達も安心 スマートフォン用防水ケース「OWL-MAWP04」レビュー

レビュー
2020年3月30日(月)より、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの本登録業務を行うパートナーセンターは全箇所一時営業休止となっています。
配達パートナー登録希望の方はご注意ください。
公式 https://uber.com/jp/ja/drive/contact/
センターの営業再開が確認でき次第、当サイトでもお知らせします。
(2020年9月更新)
最新版 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法をまとめました。パートナーセンターに行く必要のない、オンライン上で全て完結する登録方法となります。
ページ https://warashibe.org/4057

今まで雨の日はいつもジップロックにスマートフォンを入れ輪ゴムでしばった状態でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なっていました。

こんな感じ。不格好です。

しかしこの状態で配達を続けているとスマホホルダーで固定する際に徐々に袋にダメージが与えられていき、夕方頃にはいつの間にか水分が中に入るようになりスマートフォンが故障しないか心配でヒヤヒヤしていました。

とてもじゃないけど1日稼働は難しい、そう感じていたため今回このような商品を購入しました。

オウルテック社のスマートフォン用防水ケース「OWL-MAWP04(BK)」です。

スポンサーリンク

OWL-MAWP04の特長

この防水ケースの特長は以下の通りです。

  • 最高水準の防水性能である国際保護等級「IPX8」を取得
  • ほとんどのスマートフォンのサイズに対応(最大サイズ:160x81mm)
  • アームバンド&ネックストラップ付属
  • 防水仕様マイク付きイヤフォン付属
  • ステレオミニジャック一体型

なかなかの多機能ですね。それでは商品を詳しくみていきましょう。

商品内容

外観

外観は以下の通りです。

付属品

  • ネックストラップ×1
  • マイク付防水イヤホン(ケーブル長:95cm)×1
  • アームバンド×1
  • 交換用イヤーパッド(S/L)
  • ジャック保護プラグ(異物混入防止用)

おもて面

ステレオミニプラグがケースの中に標準で付いています。

うら面

うら面にはアームバンドを通す際のベルトループとイヤホン用ステレオミニジャックが付いています。

ベルトループ

イヤホン用ステレオミニジャック

基本的な使い方

ケース上部のクリップを回転させて「OPEN」にします。

スマートフォンをケースに収納します。

再びケース上部のクリップを回転させて「CLOSE」に。

基本的な使い方はこれだけです、ケースに入れるだけのかんたん仕様。

防水仕様イヤホンを使用する

イヤホンを使いたい場合は、まずプラグをスマートフォンに接続します。

次に裏面のジャックにイヤホンを接続すれば完成です。

音楽の再生や一時停止はコード途中にある「on/off」ボタンを押せば切り替えができます。
また、同じ箇所にマイクが付いているのでハンズフリー通話が可能となっています。

マイクが口から離れているため相手に聞こえるか心配でしたが、特に近づけなくても通話や音声入力は可能でした。
Uber Eatsの配達で使う場合は、先方と電話する際や地図アプリに音声入力する際に便利です。
普段使いでは特に気になりませんでしたが、風が強くてどうしても聞こえない時などはマイクを口に近づけると更に良いかと思われます。

なお、イヤホンを使わない場合は付属する保護プラグでジャックを保護することができます。
保護プラグを使わなくてもジャック自体に問題はないそうですが、管理人はなんとなく気持ち的に保護プラグを差し込んでいることが多いです。

それと、おもて面にした時に見えるケース内ステレオミニプラグは外したくても外せないようです。
もしかしたら力を入れれば外せるのかもしれないですが、防水機能に影響が出るかもしれないため管理人は特段触っていないです。

アームバンドを使用する

購入の決め手となったうちの1つに「アームバンドが付いてくる」ことがあります。
配達で使う際は首からかけるよりも腕に付けたほうがアプリ操作やマップの閲覧がしやすいからです。

購入して分かったのですが、手首に付けようとするとバンドが長すぎて付けることができませんでした。
手首より少し上、前腕から二の腕辺りにかけて付けることができます。

ここはちょっと計算外でした、少しスマートフォンが見づらく感じます。
また、かなりキツく固定しないと走行中にずり落ちてきます。
手首に付けたい方はアームバンドを他のものに代替することをオススメします。

なお、ネックストラップを使用して首からかけることはもちろん可能です。

良い点

ポジティブポイントは「IPX8等級で防水機能に優れている」です。

IPX8等級とは一般的に「水中に30分間放置しても水が侵入しないレベル」とされています。

圧巻の最高水準レベルだけあって、購入後約10日間ほど雨天時に自転車で配達を行ないましたが今まで一度も浸水はありませんでした。

防水機能は本当に優れていると感じます。

悪い点

ネガティブポイントは、「配達中アームバンドがずり落ちてくる」です。
バンドは二の腕辺りに付けるよう設計されています、手首につけたい方はバンドを手首用のものに代えた方がいいです。

それと、最近のスマートフォンではイヤホンジャックが付いていない機種も多いためステレオミニプラグが邪魔です。外せる機能が付いていればなお良しだと感じました。

まとめ

管理人自身の使用感としては満足です。

スマートフォンだけでなくちょっとした小物入れとしても活躍してくれています。

1台数万円もする高価なスマートフォンを悪天候による故障から守ってくれるこの防水ケース「OWL-MAWP04」

安価な値段のわりには多機能のためオススメです。

タイトルとURLをコピーしました